長崎北病院ロビーコンサート

長崎北病院でおこなわれているロビーコンサート情報
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
 
24周年記念ロビーコンサートを終えて

JUGEMテーマ:音楽

 いずこも桜の花が満開で、花見日和の暖かい春の日が続いています🌸 北病院では28日に、24周年記念特別コンサートが開催されました!!

 記念コンサートと言うことで、実に贅沢なプログラムを企画して頂きました!!

 オープニングは、コンサートサロン#ふらっと♭2480(Flat Nishiyama)”を開業されたピアノの林田賢さんと、まっ赤なドレスでヴァイオリンの加納暁子さんが登場、サン・サーンスの名曲「序奏とロンド・カプリチオーソ」を演奏!素晴らしい大曲に時間も忘れて魅入って(聴き入って)しまいました(^^)

クリックで拡大

 ここで、水色のドレスをまとった歌姫ソプラノの福地友子さんが加わる。1曲目は懐かしい「すみれの花咲く頃」を歌う。春にぴったしの曲(^^) 次は「霧と話した」を。最後は「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」を情感たっぷりにを歌い上げて頂きました(^^)/

 いよいよ本日の特別ゲスト、テノールの豊島正伸さんの登場!! ピアノは大石佳奈さん。豊島さんは昭和の流行歌をお客様と一緒に楽しむのが生きがいという異色のテノール歌手(^^) 主に中央で活躍されていますが地元長崎も大好きで、北病院にもこれで2回目の来演。嬉しい限りです。

 今日歌って頂いた曲は昭和21年発表の「東京花売り娘」、昭和22年発表の「黄昏の夢」、昭和22年発表の「胸の振り子」、昭和51年発表の「時の流れに身をまかせ」。ユーモアのある温かいトークを織り交ぜながら、歌詞がよく伝わるようにと明瞭で丁寧な発音で歌い上げていく。テノール歌手が歌う「昭和のはやり歌」は迫力が凄い!!今日も、歌と同年代の患者さま、お客様が大勢で、演奏会を楽しむ空気がことさら大きい(^o^)

 最後に、ロビー合唱団と一緒に「花」「おぼろ月夜」を大合唱して24周年記念コンサートを終了致しました(^^)

 今日の出演者の皆さんと、お手伝い頂いたスタッフも一緒に記念写真!!

これからも、皆様に愛される心のリハビリ『北病院ロビーコンサート』をずっと続けていきたいと思います。

 関係者の皆様、コンサートファンの皆様、これからもよろしくお願い致しますm(_ _)m